自然素材のマンションなら健康な暮らしを望める

外壁塗装が多い

空き部屋

バリアフリーも人気

東京でも下町の方になると、古い家がたくさんあります。そこでリフォームをする家庭も増えてきています。古い家の場合、まず、外壁塗装をすることがほとんどです。外壁塗装をするだけでも、外観が見違えるようにキレイになります。また、東京の古い住宅は段差が激しいものばかりです。そんなところに高齢者が暮らしているのでは、とても危険です。そこで、バリアフリーのリフォームをすることもあります。手すりをつけたり、段差があるところは平らにしたりするのです。こうすれば、高齢者でも安心して一人で暮らすことできるというわけです。もちろん、高齢者の一人暮らしはいくらバリアフリーにしても心配です。中には、二世帯住宅にして両親と同居するという人も増えてきています。この場合、大掛かりな工事となるので、期間もかかります。東京で隣近所が密集している地域では、思うように取り掛かれないこともあるものです。足場を組めないような密集地帯も多いため、じっくりと時間をかけて少しずつリフォームをしていきます。一方、割と新しい住居でも、東京では隣近所とのバランスを考えてリフォームする家もあります。隣家が外壁塗装をしたら、自分の家が見すぼらしくなってしまうこともあるからです。外壁塗装は定期的に行われることが多いので、数年経ったら行った方がいいかもしれません。ただし、一度にいろいろなリフォームを行うのは費用がかかります。少しずつ一部ずつ行うようにしましょう。