引越しシーズンに入ると早い者勝ち!?賃貸物件を探すための秘訣

朝のエレベーターは混む

積み木

単身赴任が決まったときに社宅があればいいのですが、ない場合は自分で新宿の賃貸物件を探さなければなりません。賃貸物件にはアパートとマンションがありますが、新宿へ単身赴任するときはアパートを借りるのは控えたほうがいいです。単身赴任だと一人で住むので、部屋に誰もいない時間が多くなります。そうなれば空き巣の心配があります。日中は完全に留守になりますし、残業が長引けばその分空き巣に狙われる可能性があるのです。マンションであればオートロック機能が付いているところがほとんどなので、空き巣の心配がほとんどなくなります。もしアパートに住まなければならないときは鍵をしっかりとし、外から部屋の中を見ることができないようにカーテンなどを使うようにします。
新宿への単身赴任になれば会社から家賃手当が出るはずです。それを利用して少し家賃が高くてもセキュリティがちゃんとしているマンションに住むようにします。警備員が常にいる賃貸マンションもあるので、何かあったときはすぐに対応してくれます。高い家賃を払うことができない場合はオートロックがついていたり、二重の鍵をかけられたりする賃貸マンションを選ぶといいです。新宿の賃貸マンションには高層のものがありますが、なるべく上層階の部屋は避けるようにします。なぜならエレベーターが来るのに時間がかかってしまい、遅刻をしてしまう可能性があるからです。朝エレベーターを利用する人は多いので、各階で止まることもあります。なので、なるべく下のほうの階がいいです。エレベーターがくるまでに時間がかかっても階段で降りることができます。

RECOMMEND POST